音をリズムにあてはめる


音をリズムにあてはめると言う事ですが、これはどういう事かと言うと、音と言うのはリズムの上に乗っかっていて、リズムと音が重なって、音楽が出来上がっているんです。

では、リズムの上に自分の出した音が、どこに、どのくらい乗っているのか把握していますか?

自分の出した音が、リズムのどこに、どのくらい乗っているのかわからないと、自分の出した音が、リズムとずれたように感じます。

だからこそ、ここをよりよくするには、自分の音は、今、リズムの上に乗っているのか?

知る必要があります。

ここが理解できると、リズム感がよくなります。

もちろん、音階の上でも良くなります。

自分の音を、リズムのどこに、どのくらい乗せているのか。

自分の音を、リズムのどこに、どのくらい乗せたいのか。

見てみてください。

あなたを心から応援しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




Copyright(C) 2002 LIVEHOUSE39 All Rights Reserved

ライブハウス