コミュニケーション力


3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術と言う本を紹介します。

この本の著者であるマーク富岡氏は、英語も交渉もできなかった、会社でもその他大勢のひとりの普通の会社員でした。

マーク富岡氏は、あることをきっかけに働き方を変えたことによって一転し、 その後世界76カ国訪問し、数々の難航案件や数十億円の商談をまとめることができるようになったのです。

この本は、若い頃のマーク富岡がユダヤ人マイヤー氏との出会いからはじまります。

ユダヤ人をはじめ世界の一流のエグゼクティブとの交渉を通じ、実践で学んできた交渉や、コミュニケーションのコツやヒントをストーリーとエピソードを中心に、楽しみながら読んで、自然と身につくよう書かれています。

これまでになかった交渉術の本が堂々完成しました。

交渉術にとどまらない、相手に自分を印象づけるコミュニケーション術。

人間性が磨かれる、仕事に自信が持てる自己啓発本として、高く評価されています。

エピソード中心なので、読みやすくておもしろく、自然に交渉力が身につく。

すぐに実行できる実践的なコンテンツが豊富、これで相手の心をつかめるなど、各方面からの前評判が凄い本です。

是非ともすべての人に読んでもらいたい、価値のある1冊です。

気になる方はここをクリック

【どんな本なのか】

マーク富岡は、英語も交渉もできなかった、会社でもその他大勢のひとりの普通の会社員だった。

マーク富岡は、あることをきっかけに働き方を変えたことによって一転し、その後世界76カ国訪問し、数々の難航案件や数十億円の商談をまとめることができるようになった。

交渉力とは、勝ち負けを競うものではなく、自分を相手に印象づけて、ビジネスを成功させて、人脈づくりにつながるスキルであり、信頼関係をつくるツールとも言える。

交渉とは、このように素晴らしい成功をつかむチャンスなのに、交渉が苦手だから、相手に嫌われたくないから、駆け引きが得意でないからといった理由で、カンタンに妥協してしまう人が多い。

自分の思うままに交渉して、相手に満足してもらう方法があるのに・・・。

コツを知っているだけで、その後も相手から信頼され、どんどん人脈がふえていく。

交渉はビジネスの世界だけに存在するものではなく、子供から大人まで、日々の生活で無意識に行っている。

この本は、若い頃のマーク富岡がユダヤ人マイヤー氏との出会いからはじまる。

ユダヤ人をはじめ世界の一流のエグゼクティブとの交渉を通じ、実践で学んできた交渉や、コミュニケーションのコツやヒントをストーリーと、エピソードを中心に、楽しみながら読んで、自然と身につくよう書かれている。

この本を読んだあなたは、自信をもって、誰とでもうまくやっていける、交渉のセンスが身につくことだろう。

カンタンな交渉の成功法則に気づき実践すれば、人脈がひろがり、すばらしい未来が訪れることだろう。

一見、音楽に関して、一切関係の無いような本のように感じますが、アーティストとして、お客さんとのコミュニケーション能力が高まったら、アナタはどうなると思いますか?

そうです。

アナタが伝えたい思いが、お客さんにダイレクトに伝えられるようになるのです。

違う分野でも繋がる事はたくさんある。

普段とは違った視点で物事を見れば、何かに気づく事もあります。

アナタに幸せが訪れますように。

あなたを心から応援しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




Copyright(C) 2002 LIVEHOUSE39 All Rights Reserved

ライブハウス