上達する人、しない人


各パートを練習する上で、上達する人と上達しない人の差があります。

それはいったいなんでしょうか?

よく、たくさん練習しているのに、全然うまくならないとか、うまくならないから楽しくないと言う話を聞きませんか。

それはいったい、どうしてなんでしょうか?

上達する人と、上達しない人の差は「気持ち」にあります。

上達する人は、自分の持っている楽器に対して、文句を言いません。

上達しない人は、自分の持っている楽器の文句ばかりを言います。

そして、「うまくなればもっと好きになれるのに・・・。」

このような言葉を、聞いた事がありませんか?

トップアーティストは、うまくなったから、好きになったのではありません。

トップアーティストは、好きだから、上達したのです。

この文面を読んで、自分自身はどのように、楽器やパートに接しているでしょうか?

また、上達するポイントは、どこにあると思いますか?

もし、今まで楽器やパートに文句ばっかり言っていたのなら、ごめんなさいと伝えてみてはいかがでしょうか?

そして、これからもよろしく、ありがとうと伝えてみてはどうでしょうか?

好きだから、上達する。

あなたを心から応援しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




Copyright(C) 2002 LIVEHOUSE39 All Rights Reserved

ライブハウス