自分をプロデュースする


ライブを行う時に、自分自身が、どのように出演しているか知っているでしょうか?

どのように演奏して、どのように喋って、どのようにステージングして、どのようにメンバーと意思の疎通をとって、どのようなファッションで、どのようにお客さんに見せて・・・。

様々な角度で、自分自身を見る事が出来ますが、アナタは、自分自身をどのように感じているでしょうか?

MCが下手、歌が下手、演奏が下手、ステージングが下手など、その部分にばかり、目を向けている事はありませんか?

このような部分に気づく事は、自分を向上させる上で、もしかしたら、必要の無い事かもしれません。

出来ない自分を責めるより、出来る自分をプロデュースする。

自分の見せたいように、見せれる自分になる為には、自分は何をしたいのか?

ファッションしても、喋り方にしても、ステージングにしても、全て、自分で決める事が出来ます。

だけど、そこの部分を決めたくないから、出来ない自分を責める事によって、自分は見ないようにしているのかも知れません。

まず、自分の思い通りのライブをするには、自分自身をプロデュースする事が大切です。

アナタは、自分自身を、どうプロデュースしたいですか?

あなたを心から応援しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




Copyright(C) 2002 LIVEHOUSE39 All Rights Reserved

ライブハウス