全ては平等


メンバー間で、自分だけが劣っていると感じた事はありませんか?

僕よりあいつの方がうまい。

自分は下手くそだ。

自分は足を引っぱっているんじゃないか?

そんな事を思って、自分は才能が無いんじゃないか。

そうやって、落ち込む事がありませんでしたか。

僕はそうやって落ちこんだ事がありました。

だけど、そこから、立ち返る事が出来たのは

自分にしか出来ない事があると言う事がわかったから。

みんなが持っているそれぞれの特徴を活かして、自分たちの音を創っていく。

そして、ここにはうまいとか下手とかではない、自分がそれを行うことについて、どれだけ思いを持っているのか?

ここが重要でした。

ここをしっかりと見た時に、相手と比べるんじゃなくて、表現者として表現出来ると言う、全てが平等で、ただ、その中で、自分が全力で、自分を使って表現するのか。

ただ、これだけでした。

あなたを心から応援しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




Copyright(C) 2002 LIVEHOUSE39 All Rights Reserved

ライブハウス