不得意分野をカミングアウト


不得意分野。

これは誰にでもあると思います。

そして、不得意分野を言う事が出来ないと、それが出来るようにと頑張ろうとしてしまいます。

出来ない事を認めたくないから、無理やりにでもやろうとしてしまいます。

苦しくなってもやろうとしてしまいます。

そして、最終的には出来ない事に、激怒するか落胆するか。

だけど、ここで激怒せず、落胆しない方法があるのです。

それは何か?

自分には不得意分野だとカミングアウトする事です。

これは、自分が能力が無いと認める事ではありません。

その分野は、自分にとって得意分野じゃないというだけです。

だけど、人は不得意分野を認めると何か不幸な事が起こると思っています。

だから、なかなか認める事が出来ません。

もし、自分が不得意分野があると認めてしまうとですね。

・人に嫌われる

・人にバカにされる

・相手にされなくなる

上記のような起こるんじゃないかと、怖れる思い込みがあると思います。

だけど、本当は、あなたが、不得意分野を認める事によって何が起こるのか。

周りのサポートを受ける事が出来るようになります。

不得意分野を手放す事が出来ない人にとっては、そんなわけが無いと思うでしょう。

だけど、あなたが不得意分野を手放さない事によって、起きている弊害はですね。

それを得意分野としている人の活躍の場を奪っているのです。

だからこそ、勇気を持って、不得意分野を手放すのです。

必ずサポートをしてくれる人が現れますから。

僕は、演奏をしたり、演奏を教えたり、作詞作曲したりするのは好きだし、得意なのですが、イベントを組んだりする事は得意ではありません。

だけど、僕が不得意だと隠して、イベントを組もうとする事によって、本来活躍する人の場を奪っていた事に気づきました。

そして、不得意だと認める勇気を持った時に、サポートしてくれている人の存在に気づきました。

僕は、どうしても、不得意だと言う事が怖いから、何でも一人でやろうとしてしまっていた。

だけど、出来ない事を出来ないと言ってもいいんですね。

僕の出来ない事を得意とする人がいるのだから

得意分野で能力を活かす事が出来る事が、全ての人の能力が発揮出来てハッピーなのだから。


あなたを心から応援しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




Copyright(C) 2002 LIVEHOUSE39 All Rights Reserved

ライブハウス